無料
エロ
動画

他人と交わる私の妻

寝取られ… 夫婦交換… それは夫である私の目の前で、愛する妻が他人に抱かれながら、男の精を受け入れること…

<ブログ移転のお知らせ>

私のブログを愛読下さっている皆さま

いつもありがとうございます。

DTIブログのサービス停止(12月17日)にともなって、このブログを移転することにしました。

この機会にブログのタイトルも「寝取られた妻の傍らで」に変え、再スタートしようと思います。

ブックマークやリンクを貼って下さっている皆様にはお手数をおかけしますが、12月17日までに御対応頂けると嬉しいです。
これからもよろしくお願いいたします。

管理人 川島ゆきひと

2013年11月23日


移転先のブログ



寝取られた妻の傍らで




はじめに

他の男が愛する妻を抱きしめ、私が見ている目の前で、衣服を脱がされた妻の上に体を重ねる…
男はあられもなく腰を動かしながら妻の体の奥深くを味い、妻はその男が放つ精液を柔らかな膣の中に感じながら悦びに浸る…

貴方はふと、そんな光景を妄想をしたことはありませんか?
あるいは、一瞬でも頭の中をよぎったことはありませんか?

結婚して暫らく経った頃から、私は妻のそのような姿を思い浮かべることに、激しい嫉妬とは裏腹の、例えようのない性的な高揚と倒錯した情愛を感じるようになったのです。

妻が留守の時などに、彼女が他人と重なり合い、反り返った肉茎でその体を貫かれ身悶える姿を想い浮かべながら自慰に浸ることもありました。

それは決して妻に知られてはならない、背徳と不貞にまみれた私の性癖でした。ですがこの願望は、やがて収まるどころか日増しに強くなっていったのです。



私は行き場の無い妻への想いを叶えるために、心の奥底に秘めていた願望を彼女に告白し、様々な出来事の後に願いを遂げることができました。

その経緯は、姉妹ブログ「愛する妻を他人へ」の中に克明に書き綴っています。

このブログ「他人に抱かれる私の妻」では、夫婦交換や寝取られという「新たな夫婦の関係」の中で、他人に抱かれる妻の姿に対する私の想いを、エッセィとして書きたいと思います。

そしてこのブログを読んで下さる方が、他人と交わる私の妻、そして性経験の無い少年のような大学生と結ばれる妻の姿を想い浮かべて下されば嬉しいです。



>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

禁断の姿

他人が私の愛する妻を抱き、その体に射精する姿…
それまで激しく動いていた男の腰が一瞬止まり、喘ぎの声とともに痙攣するように打ち震える…
自分の妻の中で、他人の生温かい精液が脈打つように放たれる…
幾度となく愛した妻の体内が、見知らぬ男が残した白濁の体液に浸されている…



私にとって、とても艶めかしく、胸を掻きむしられるような想いをする光景です。

私の目の前で、他の男が妻に対して射精する姿は、彼が妻の秘部に肉茎を挿入する瞬間と同じくらい、胸が締めつけられる想いがするのです。

妻の衣服を荒々しい指先で脱がせ、露わになった体を欲しいままに愛して欲しい…
妻の秘部を肉の茎で貫き、愛欲のままに射精をして欲しい…
そして妻の中を白濁の液で満たして欲しい…

私は、そのような禁断の願望の虜になってしまったのです。
そして、様々な方との夫婦交換を通じ、私だけが特別な願望を抱いていたわけではないことを知りました。

そんな私の体験を、過去の記憶が蘇るままに、このブログに書きたいと思います。



>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

アクセスランキング
close